歯医者に通う女性

一般的な虫歯を治療するならいくら?

日本人のほとんどが経験をする虫歯ですが、この原因は細菌です。
細菌が糖質を栄養源に酸を発生させ、虫食いの様に歯を溶かしていく事で発生します。
基本必ず歯磨きは毎日行いますが、この細菌は歯の隙間や奥歯の溝から発生します。
その為毎日磨いていても磨き残しはあります。
磨き残しがあると、そこに菌が増殖する環境ができて虫歯ができてしまいます。

虫歯の大きな特徴は自然治癒しない所です。
そして年齢関係なく発生します。
治療といっても欠損した部分を削って整え、代替えの素材で補う方法です。
例え詰め物をしていてもわずかな隙間から細菌は侵入して増殖し、詰め物と歯の間で虫歯が発生して再発する事もあります。
目で見えない部分も多いので、磨くだけでは完全に予防する事はできません。
細菌の増殖により歯茎にまで侵入し、歯周病になる方も増えています。
高齢者は唾液の分泌が少ない事から細菌が多く発生しやすく、歯周病になる方も多いです。
加齢による歯茎の衰えではなく、歯周病により歯を失い義歯を使用せざるをえなくなった方は多いです。

研究も進み、予防方法も確立されてきています。
フッ素や航空内の糖質制限といった方法があり、歯科協会も周知活動を行っています。
協会が勧める予防方法で一番良いとしているのは定期的な検診です。

日本には保険で治療する事ができます。
その為、歯医者には歯が痛くなってから通院する事が常識の様になっています。
日本人の虫歯率は世界でも高く、食生活や環境・ストレス等も原因ですがそれだけではありません。
上記のような歯医者の利用方法が蔓延している事も、要因の1つです。
海外でもアメリカは非常に歯のトラブルは少ないです。
理由は治療に保険がないからです。
その為、非常に高額な治療費になるので予防を行う様にしています。
予防方法として治療より費用が安い検診を定期的に行っています。
歯医者に居たくない時から行き、トラブルにならない様に自己管理しています。
ここが日本との違いです。

では実際に日本で虫歯治療を行う場合、費用はいくらかかるでしょうか。
通院した際には初診料や再診料が必要で、治療費以外にアドバイスや歯石の除去等も費用に含まれます。
また虫歯の状態や発生している場所により治療方法が違います。
銀の詰め物は目立つので、最近では目立たない樹脂を使用しています。
しかし奥歯等では耐久力が少ないので銀か保険外の治療方法を提案されます。
状態により治療方法をアドバイスしてくれるので、選択により費用は異なります。

全て保険適応の範囲で、重症ではない虫歯治療を行うと、1回2千円程で済みます。
治療には数回通院が必要な場合もあり、また新たな虫歯を発見される事もあります。
その場合は完治まで費用は掛かり続けます。

予防には定期的な歯科受診で検診を受ける事で早期発見もできます。
悪化を防ぐことにも繋がるので、検討する事は将来の費用を抑える最適の方法と言えます。
また自分で発見した場合は、忙しくても悪化する前に早期受診が推奨されています。

あわせて読みたい記事