まつ毛が減った・短くなった・・・もしかしてまつ毛貧毛症?症状と原因

2020年01月08日
きれいな目を持っている女性

外見の印象を大きく左右するのが目元の印象、目つきが悪かったりまつ毛が少なかったりわずかな変化や違いだけで他人のあなたへの第一印象は大きく変わります。とりわけまつ毛のボリュームや生える方向は大きく影響するので、アイメイクやビューラーなどでまつ毛をきれいに見せる為に毎日、時間をかけている方も多いはず。ところが皮肉なことにまつ毛メイクに力をいれるほど、アイメイクを落とすと貧相な目元に愕然とする悩みに直面している経験をお持ちではないでしょうか。このような悩みに心当たりがあるなら、もしかするとまつ毛貧毛症なのかもしれません。まつ毛の悩みとして代表的な、まつ毛貧毛症の症状や原因、ケアの方法などについて検討してみましょう。

まつ毛貧毛症の原因には、間違ったメイクやケアを実践していることを最初に指摘することができます。長く見せる為にビューラーを毎日使用する、マスカラを重ね塗りする・エクステを常用している、などは代表的なものです。これらの方法はいずれも薄く脆弱な、まぶたの皮膚や毛穴に物理的ストレスを与える行為と言えます。

特段の生活習慣の変化がなくても、加齢によるまつ毛の毛包細胞の細胞分裂が鈍くなると言う原因もあります。睡眠時間の不足や偏った栄養バランスの食事など生活習慣に問題を抱えていると年齢上にまぶた周辺の老化が促進される可能性があります。単に年齢の若さに慢心することなく、生活習慣の乱れは年齢を問わず肌だけでなく、まつ毛にも悪影響をあたえるものと認識するべきでしょう。

これらの原因に心当たりがあれば、まつ毛貧毛症のリスクは高いといえます。よく出現する症状にはどのようなものがあるのでしょうか。鏡での見た目の印象として、まつ毛の様子をつぶさに確認してみることが大事です。まつ毛が短かったり、細かったり全体としてボリュームが貧弱、などの印象を覚えたことは無いでしょうか。そしてアイメイクをしたときに、抜け毛が目立つというのも典型的な症状です。

仮にまつ毛貧毛症の疑いがあれば、根治治療をめざすなら皮膚科などを受診して、治療に取り組みことが必要になります。確実な効果が認められているのは、まつ毛育毛剤の使用にあります。しかしドラッグストアや薬局では入手できないでの医療機関を受診して処方箋をだしてもらう必要があります。また治療と同時並行でアイメイクの見直しやまぶたにストレスを与えるビューラーやエクステの利用を再検討するのもおすすめのケアになります。